2019年度日本造園学会関西支部大会にて発表しました

>

2019年10月27日に開催された2019年度日本造園学会関西支部大会にて、
「公園管理活動への参加と健康の関連について」と題し研究発表を行いました。

この研究は、松山市の公園管理協力会会員を対象に、
日常的な公園の維持管理活動への参加が健康にどのような影響を及ぼすのかを、
アンケートにより分析したものです。

この結果、会員は非会員に比べて身体的、精神的、社会的に健康である
割合が高いことが示唆されました。

こうした結果が周知されることで、
管理活動をする人の増加につながることを願います。