私たちの理論

>

一人ひとりにあった運動強度

私たちの「健康」

私たちの目指す「健康」とは、「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」※です。
この健康に働きかける「健康づくり」とは、一人ひとりの肉体や精神、社会への関わりについての状態を整え、満たすことを目指す取り組みです。

※世界保健機関憲章前文より

取り組みの理論

一人ひとりにあった強度の運動を

人はそれぞれ適切な運動強度が違い、また同じ人でもコンディションやトレーニングの継続で変わります。効果的に運動を継続し、成功体験を得るためにはその人自身に合った運動強度の運動を選ぶことが重要です。これは乳酸閾値という息が上がる手前の運動強度、すなわち最大酸素摂取量の2分の1程度の運動であり、肉体的にも精神的にも負担なく体力向上が図れます。

運動で最大酸素摂取量を増やそう

私たちの体は筋肉の運動が続くあいだ、酸素を身体に取り込んでエネルギーをつくります。酸素摂取量は時間の経過とともに増加しますが、運動の強度が上がっても酸素摂取量は増加しない部分が出現します。これが最大酸素摂取量で、個人における生理的な限界を意味します。
最大酸素摂取量が高い人ほど、生活習慣病の発症率が低いことが研究で明らかにされており、最大酸素摂取量の2分の1程度の運動強度を5メッツ以上に保つことが、健康を維持する上での目安となります。

さあ、はじめよう!「適正運動強度」

最大酸素摂取量の2分の1程度の運動強度は、ちょうど乳酸が体内で増えない程度の強度、すなわち乳酸閾値の運動強度とほぼ同じです。いつまでも運動を続けられるこの乳酸閾値での運動を、適正運動強度と呼びます。強い強度の運動を行わなくても、この程度の軽強度の運動で持久力の向上に効果があることが近年の研究で明らかにされています。
適正運動強度の運動を続けることで生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)の改善に効果がみられ、そのほか脳機能(脳の働き、海馬の衰え、認知症、うつ)の改善、ある種のガンの予防にもつながります。

私たちの事業

適正運動強度のエクササイズ「スロージョギング®」

適正運動強度の運動であれば、どんな運動でも効果がありますが、多くのスポーツはいろいろな動きをともなうので、運動強度のコントロールが難しくなります。例えば野球などは守ったり、走ったり様々に運動の強度が変わります。そこで、一定の運動強度で継続できる運動の一つが「スロージョギング」です。スロージョギングは、基礎的なトレーニングとしてだれでも、どこでも、気軽に始められる運動です。スロージョギングで基礎体力を向上し、健康で元気なカラダを手に入れましょう。
スロージョギングのページはこちら

公園で運動習慣を支援「ヘルシージョイクラブ」

健康への不安は、運動習慣の有無や、顕在的、潜在的に関わらず誰しも抱いています。この不安を健康運動へのニーズに変えるためには、楽しく効果的に続けられる運動継続支援プログラムが必要です。
私たちは公園で、運動習慣を身につけるための支援として「ヘルシージョイクラブ」を実施しています。ヘルシージョイクラブは、次の3つの特徴をもったプログラムです。このプログラムは、自分で、自分のために、自分に適した運動が選べる「セルフコントロール」の支援として組み立てています。

1.その人にあった強度での運動を

 ひとりひとり異なる適切な運動強度を伝え、負担なく体力向上。

2.花と緑が豊かな公園で

 公園の自然に囲まれて、気持ちよく運動。

3.だれもが気軽に参加できる

 公園はオープンでフレンドリー!初心者も他の場所より参加しやすく、継続しやすい。

ヘルシージョイクラブ航空公園

健康情報と運動習慣のキッカケを提供「ヘルシージョイフェス」

健康づくりや運動習慣に取り組んでもらうためには、正しい情報を知ってもらう必要があります。私たちが取り組む、公園が健康づくりにどのように役立つのか、公園をどう使えば健康になれるのかという情報の発信は、集客力のある大規模イベントが効果的です。
私たちは健康情報の発信と、運動習慣のキッカケを提供するための大規模イベントとして、「ヘルシージョイフェス」を開催しています。
2017/5/20 第1回ヘルシージョイフェスwithフィンランド 服部緑地
2017/10/14~15 第2回ヘルシージョイフェスwithフィンランド 鶴見緑地

適正運動強度

適正運動強度とは

適正運動強度とは、楽しくおしゃべりができる運動の強さで、きつくもなく、ゆるくもないく、効果的に体力を向上できる運動強度です。

適正運動強度はなぜ良いの?

運動は「きつい」ものでなければ効果がないというのは間違いです。きつい運動をしなくても効果的に全身持久力(体力)を増進させることが注目されています。様々な研究の結果、適正運動強度での運動を行うと、ゆるい運動やきつい運動では得られない、①いわゆる健康遺伝子(PGC1αなど)が活性化させる、②毛細血管の増進が図られ血圧が下がる、③脳が活性化される、④善玉コレストロールを増加させる、といった効果があることが報告されています。

適正運動強度とカラダの働き

適正運動強度は、有酸素運動ができる最大強度で、この付近の強度の運動では、呼吸も乱れず心拍数もさほど上がりません。この強度を超えると急に呼吸が荒くなり心拍数も高くなります。これは、有酸素運動から無酸素運動へ変わり、それまで糖と脂肪を1:1の割合でエネルギー生産していたのが、糖だけの生産となって副産物の乳酸がつくられたためです。血液中の乳酸濃度が高くなると中枢神経が刺激されて呼吸が早くなり、心拍数もあがります。ヒトはこの状態をきついと感じます。きつくない運動の最大強度が適正運動強度です。
アスリートや若者など体力のある人は強い運動が適正運動強度となり、体力のない人の適正運動強度は弱くなります。また、運動を習慣化することによって、適正運動強度を上げることができます。